【産後・痩身・産後骨盤】妊娠中のお風呂では気を付けることがたくさんある?入浴での注意点とは?|所沢のママへ

2018/05/05
泡

子育て育児でお忙しい中、当サイトをご覧になって頂き本当にありがとうございます。

埼玉県所沢市で所沢市内はもちろん、狭山市・入間市・川越市・新座市・清瀬市・東村山市を中心に西武線沿線の様々な地域からご来院頂いている産後の痩身専門院の産後Body Makeサロン honeycombです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お風呂や入浴の時間は体の疲れをとっていく癒しの時間です。しかし、そんな癒しの時間も妊娠中の場合には危険がたくさん潜んでいます。よく言われるのが妊娠中のお風呂場での転倒ですが、転倒以外にも注意しておきたいことはいくつかあります。本日はそんな妊娠中のお風呂に関してのお話をしていきます。

 

※他にもこんな記事が読まれています…

(妊娠中に気を付けたいことは何かある…?)

 

(産後に体がむくみやすくなった…原因は?どうすればいいの?)

 

(安定期とはいつ頃のことを言うの?何か注意することはある?)

087351

妊娠中のお風呂で気を付けておきたいことは…?

 

・お風呂場での転倒

まず気を付けたいのは転倒ではないでしょうか。お腹が大きくなってくると足元が見えづらくなることや、重心の変化でバランスがとりづらいことなどが原因で転倒のリスクが高まってしまいます。お風呂に入る前には、転倒の原因になりそうな物が落ちていないかしっかり確認してから入るようにしましょう。

 

・貧血が起きやすい

これは妊娠初期から言えることです。妊娠をするとホルモンバランスの変化が起こり、ただでさえ体調を崩したり気分が悪くなったりしやすい時期です。入浴をすることで心臓などに負担がかかり、さらに体調が悪くなったり貧血が起きやすくなったりしてしまうのです。貧血を起こしてしまい転倒につながるということも少なくありません。実感は少ないかもしれませんが、妊娠中の入浴は「体にそれなりの負担がかかっているんだ」ということをしっかりと覚えておきましょう。

 

・入浴の時間や温度

お風呂の温度はのぼせや貧血をふせぐために37℃~38℃くらいのぬるま湯に設定をしておくと良いでしょう。入浴の時間も長風呂をせずに10分くらいで入ると体に無理な負担をかけ過ぎずに済むでしょう。

例えば、「シャンプーをする」 → 「体を洗う」 → 「入浴10分間」

といったような流れとなります。

1064621

妊娠中のお風呂は体調をみながら無理せず入ろう!

妊娠中にお風呂に入るときには危険がたくさんあるということをしっかりと理解しておきましょう。また体調がすぐれないときでも「お風呂に入らないと気持ち悪いから」と言ったような理由から、少し無理をして入ってしまう方もいるかもしれませんが、返って体調を悪化させてしまうことや、場合によっては赤ちゃんにも影響を及ぼしてしまうことも考えられます。

自分の体調と相談しながら、安全に気を付けて妊娠中のお風呂の時間を過ごしてみて下さいね。

 

※こちらもご覧ください…

(切迫早産とは?何が原因で起こるの?予防や対策は?)

 

(コラーゲンとは?たくさん摂取するとお肌に良い?どんな効果があるの?)

 

(今まで骨盤だと思っていた骨は骨盤ではなかった!?骨盤の構造はどうなってるの?)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

少しでも有益な情報だ!もっといろんな情報を発信してもらいたい!
と思ったらぜひお知り合いにも当サイトを教えて上げてください!

閲覧数や実際にご来院頂く皆さまのお声を参考にブログの更新を行いたいと思います。
産後BodyMakeサロン~honeycomb~
http://honeycomb-beauty.com/
住所:〒359-1111 埼玉県所沢市
緑町2-6-15第二KIビル1F
TEL:0800-800-1677
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お電話でのご予約はコチラ

0800-800-1677