【産後・痩身・産後骨盤】妊娠中に腰痛になった!原因は?予防や対策はどうすればいいの?|所沢のママへ

2018/05/04
腰痛

子育て育児でお忙しい中、当サイトをご覧になって頂き本当にありがとうございます。

埼玉県所沢市で所沢市内はもちろん、狭山市・入間市・川越市・新座市・清瀬市・東村山市を中心に西武線沿線の様々な地域からご来院頂いている産後の痩身専門院の産後Body Makeサロン honeycombです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

妊娠中には妊婦さんの体に様々な変化が現れますが、その変化に体が付いていけず腰が痛くなってしまうという妊婦さんは少なくありません。今まで腰痛を感じたことのなかった方でも「妊娠してから初めて腰が痛くなった」という声を多く聴きます。本日はそんな妊娠中に起きる腰痛の原因、予防や対策はどうすればいいのかなどに関してのお話をしていきます。

117816

妊娠中に腰痛が起きやすい原因は…?

 

なぜ妊娠中に腰痛が起きやすいのでしょうか?

 

妊娠すると、骨盤周りの組織を緩める「リラキシン」というホルモンが多く分泌されるようになります。このリラキシンは骨盤周りの組織を緩めることで、妊娠中の赤ちゃんのスペースの確保や産道を確保をするなどという重要な役割を果たしています。しかし、同時にこのリラキシンの分泌量が増すことで骨盤周りの組織が緩みすぎて、体を支えきれないという事態が起こり、腰痛が起こるのです。

また、赤ちゃんが徐々に成長していくにつれて妊婦さんの体はお腹が前に突き出したようになり、腰は反って重心を保とうとします。

こうした骨盤や姿勢のゆがみ、重心の変化によって体にかかる負担が大きくなることから、妊娠中は腰痛になりやすいのです。

481475

妊娠中の腰痛の予防や対策は…?

妊娠中は筋力の低下も起きやすく自分の力で体を支えることが難しくなります。適度に体を動かして筋力をつけておくことは意識しておくようにしましょう。また、仕事や家事など、何かをするときに骨盤ベルトを巻いて動作のサポートをするのも対策の1つでしょう。

安定期に入っていれば整体やマッサージなどで対応をしてくれるところもあります。自宅の近くで探してみるのもいいかもしれませんね。

 

妊娠中に腰痛が起きたときに注意しておきたいことは…?

骨盤のゆがみや筋力が低下したことが原因で起きている腰の痛みであれば、運動や整体などで症状が落ち着いていくことが期待できます。しかし、不正出血や高血圧などがみられた場合には違う原因で腰の痛みが起きていることが考えられます。腰の痛みとともにそのような体調の変化がみられた場合には、早めに病院を受診するようにしましょう。

136921

妊娠中の腰の痛みのケアは体調をみながら自分のペースでやろう!

妊娠するとホルモンバランスが乱れやすいなどの理由から体調があまりすぐれないという日も出てきます。そんなときには無理に体を動かすのではなく、しっかりと体を休めて、体調が悪化してしまわないように注意をしましょう。

予防や対策には自分のペースで気長に取り組める良さそうです。ケアをしてもどうしても解決が難しいときにはマタニティ整体や妊婦整体、マッサージなどをしているところで対応してもらうのもいいかもしれません。

 

※こちらもご覧ください…

(産後骨盤矯正ベルトはつける場所が重要?いつから始める?)

 

(今まで骨盤だと思っていた骨は骨盤ではなかった!?骨盤の構造はどうなってるの?)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
少しでも有益な情報だ!もっといろんな情報を発信してもらいたい!
と思ったらぜひお知り合いにも当サイトを教えて上げてください!

閲覧数や実際にご来院頂く皆さまのお声を参考にブログの更新を行いたいと思います。
産後BodyMakeサロン~honeycomb~
http://honeycomb-beauty.com/
住所:〒359-1111 埼玉県所沢市
緑町2-6-15第二KIビル1F
TEL:0800-800-1677
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お電話でのご予約はコチラ

0800-800-1677