【産後・痩身・産後骨盤】妊娠中に体がむくむ原因は?解消するにはどうすればいい?|所沢のママへ

2018/05/07
悩む女性

子育て育児でお忙しい中、当サイトをご覧になって頂き本当にありがとうございます。

埼玉県所沢市で所沢市内はもちろん、狭山市・入間市・川越市・新座市・清瀬市・東村山市を中心に西武線沿線の様々な地域からご来院頂いている産後の痩身専門院の産後Body Makeサロン honeycombです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

妊娠中に前よりも体がむくみやすくなったと感じる方は少なくありません。特にふくらはぎや足首の辺りではむくみが起きやすくなりますが、むくみの原因はいったい何なのでしょうか。本日はそんな妊娠中のむくみの原因や解消法などに関してのお話をしていきます。

 

※他にもこんな記事が読まれています…

(産後に体がむくみやすくなった…原因は?どうすればいいの?)

 

(後期つわりとは…?何で起こるの?どうすればいい?)

 

(陣痛の兆候にはどんなものがあるの?臨月になるとどんなことがみられる?)

117821

そもそもむくみとは…?

むくみとは、顔や手足などが腫れたような状態を言います。腫れるといっても痛みは伴わず体内の水分によって腫れている状態のことです。むくみが起こる原因は様々で生活の習慣が主な原因として起こっていることが考えられます。

 

妊娠中に体がむくみやすくなる原因は…?

そもそも妊娠中は体の水分量が通常よりも増しているためむくみやすい状態です。立ちっぱなしや座りっぱなしなどの時間が増え、筋肉を動かす機会も少なくなり、血流が滞りやすくなります。それに加え、お腹が徐々に大きくなっていきお腹周りの血管が圧迫を受けた状態となり体の中の循環がうまくいかなくなり、むくみが現れてしまうのです。また、体内の塩分濃度が濃くなると体内の塩分を薄めようとして体に水分を多く溜めこむようになり、むくみやすくなります。

743741

むくみの解消をするにはどうすればいいの…?

まずは食事内容の見直しをしてみましょう。塩分の多い食事をしていると、それだけで体がむくみやすくなってしまいます。余分な塩分を体外に排出するために納豆やバナナなどに多く含まれている「カリウム」を摂取するのも良いでしょう。

また、負担でなければお散歩やストレッチなどで体を動かしてみましょう。特にふくらはぎの筋肉をしっかり動かしていくことで血流の改善が見込め、むくみの解消が期待できます。

他にも体を冷やさないように気を付けることや、お腹の方に血液が戻るように脚をマッサージをすることも効果的です。取り組むのが大変という方は仰向けに寝ながら少しだけ脚を高く上げましょう。クッションなどで高さを出してその上に脚を置くと簡単にできます。これにより重力で下に溜まっていた水分や血液が体幹に戻りやすくなります。

 

335228

対策に取り組んでむくみを解消しよう!

妊娠中は体がむくみやすい時期でもあります。こまめに予防や対策に取り組んでむくみを解消していきましょう。ただ、妊娠中のむくみは出産後には自然に解消されることが多いこともあり、過度に心配する必要もなさそうです。

自分のペースで体の負担にならない程度で行うようにするといいかもしれませんね。

 

※こちらもご覧ください…

(安産のためにしておきたいことは…?どんな準備が必要なの?)

 

(羊水(ようすい)とは?どんな役割があるの?量や成分は?)

 

(妊娠中に気を付けたいことは何かある…?)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
少しでも有益な情報だ!もっといろんな情報を発信してもらいたい!
と思ったらぜひお知り合いにも当サイトを教えて上げてください!

閲覧数や実際にご来院頂く皆さまのお声を参考にブログの更新を行いたいと思います。
産後BodyMakeサロン~honeycomb~
http://honeycomb-beauty.com/
住所:〒359-1111 埼玉県所沢市
緑町2-6-15第二KIビル1F
TEL:0800-800-1677
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お電話でのご予約はコチラ

0800-800-1677