【産後・痩身・産後骨盤】逆子には種類がある?イラスト付きで解説!|所沢のママへ

2018/05/06
WHAT?

子育て育児でお忙しい中、当サイトをご覧になって頂き本当にありがとうございます。

埼玉県所沢市で所沢市内はもちろん、狭山市・入間市・川越市・新座市・清瀬市・東村山市を中心に西武線沿線の様々な地域からご来院頂いている産後の痩身専門院の産後Body Makeサロン honeycombです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

一言で逆子と言っても逆子にはいくつかの種類があります。本日はそんな逆子の種類をイラストを参考にしながらお話していきます。

 

※他にもこんな記事が読まれています…

(逆子とは?原因や治し方は?出産の方法はどうなるの?)

 

(子宮内膜症とは…?原因や症状は?どうすればいいの?)

 

(常位胎盤早期剥離とは?原因や症状は?どうすればいいの?)

 

(卵巣がんとは…?原因や症状は?どうすればいいの?)

481475

そもそも逆子とは…?

妊娠中、通常であれば赤ちゃんの頭は下を向いていますが、何らかの原因により頭が上を向いている状態のことを言います。分娩の際には赤ちゃんは頭から出てきますが、逆子である場合には自然分娩がしづらくなってしまいます。

また、逆子には「殿位」や「膝位」などいろいろな種類があり、赤ちゃんの体位によって呼ばれ方が異なります。

 

逆子の種類

 

・単殿位

両足が上を向いており、お尻が下に来ている状態です。

826053

 

・複殿位

お尻が下に来ているのは単殿位と変わりませんが、足が体育座りをするような状態になっている姿位です。

826054

 

・全膝位

両膝を曲げて膝を下に突き出しているような状態です。

826055

 

・不全膝位

片足はまっすぐ下に伸ばし反対の足は曲げている状態です。

831429

 

・不全足位

片足はまっすぐ下に伸ばし反対の足は上に上げて伸ばしている状態です。

831427

 

・全足位

両足をまっすぐ下に伸ばし、赤ちゃんがお腹の中で直立しているような状態です。

831431

 

逆子ではこのように種類で分けることができます。

 

 

逆子の出産時のリスク…

殿位<膝位<足位の順に分娩時のリスクが増していくため、出産方法を検討するうえでも重要なものになります。

単殿位の場合には医師から出産時のリスクが低いという判断がされた場合、自然分娩で出産をする場合もあるそうです。

膝位や足位などの逆子である場合には出産時のリスクだけではなく、出産前にもリスクがあります。それは足や膝が子宮口を刺激しやすいということです。子宮口が刺激されることで破水が誘発されやすくなることもあります。また、その破水が起きたことで臍帯が外に出てきてしまう恐れもあるのです。

 

破水についてはこちらをご覧ください…

(破水とは…?量はどのくらい?対応はどうすればいいの?)

 

逆子での出産は当然、自然分娩よりもリスクがあります。母子の安全を優先して帝王切開での出産を前提に順備がされていきます。とは言え途中で逆子が治ってしまうということもよくあります。あまり逆子だからと言って敏感にならず、逆子を治すことに取り組んでみましょう。医師とよく話し合って判断し、出産を迎えられると良いですね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
少しでも有益な情報だ!もっといろんな情報を発信してもらいたい!
と思ったらぜひお知り合いにも当サイトを教えて上げてください!

閲覧数や実際にご来院頂く皆さまのお声を参考にブログの更新を行いたいと思います。
産後BodyMakeサロン~honeycomb~
http://honeycomb-beauty.com/
住所:〒359-1111 埼玉県所沢市
緑町2-6-15第二KIビル1F
TEL:0800-800-1677
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お電話でのご予約はコチラ

0800-800-1677