お気軽にお電話でご連絡ください

0800-800-1677

10:00~20:00

【産後・痩身・産後骨盤】赤ちゃんによだれかぶれができた…どうすればいいの?|所沢のママへ

2018/04/14
赤ちゃんの口元

子育て育児でお忙しい中、当サイトをご覧になって頂き本当にありがとうございます。

埼玉県所沢市で所沢市内はもちろん、狭山市・入間市・川越市・新座市・清瀬市・東村山市を中心に西武線沿線の様々な地域からご来院頂いている産後の痩身専門院の産後Body Makeサロン honeycombです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

赤ちゃんがよだれをたくさん垂らしていると「よだれかぶれ」の心配をするパパやママは少なくありません。赤ちゃんのお肌はデリケートなため、お肌のトラブルは起きやすいなってしまいます。本日はそんなよだれかぶれに関して、対処法や予防法などのお話をしていきます。

 

※他にもこんな記事が読まれています…

(新生児落屑とは?赤ちゃんの肌がカサカサしてる…原因は?どうすればいいの?)

 

(赤ちゃんのほくろの大きさや形には何か関係があるの?)

 

(心配な赤ちゃんのおむつかぶれ…原因は何?予防や対策はどうすればいいの?)

697381

よだれかぶれとは…?

よだれかぶれとは、唾液が皮膚につくことで主に口の周りが赤くなったり湿疹が出たりする状態のことをいいます。生後2ヶ月を過ぎると赤ちゃんはよだれを垂らすようになります。さらに乳歯が生え始めてくる生後半年辺りには歯茎のむず痒さなどから唾液の量が増えやすくなります。そういった環境が起こり口の周りよだれが多く付き、症状が現れます。よだれをふき取るときの肌への刺激も繰り返されることにより、負担が大きくなっていきます。

 

よだれかぶれはいつ頃から起きるのか…?

よだれかぶれは赤ちゃんがよだれを垂らし始める生後2ヶ月頃以降に多くみられます。上でも少しお話しましたが、乳歯が生えてくる生後半年辺りではよだれの量も増えるため、その分よだれかぶれも起きやすいと考えられます。子どもが1歳にもなる頃にはよだれの垂れ具合は比較的落ち着いてくる子が多いため、よだれかぶれになる子は少なくなっていきます。

 

よだれかぶれへの対処はどうすればいいのか…?

まずはよだれかぶれの原因であるよだれをこまめにふき取ってあげることが大切でしょう。ぬるま湯などで洗い流してあげてからコットンなど柔らかい素材のもので優しく当てながらふき取っていきます。こすったりぐりぐりしたりすると赤ちゃんの肌に負担がかかるため、優しくやることが重要です。また、ふき取ってあげた後は保湿をしてあげるとケアがうまくいきます。口の周りなどに薄く塗ってあげると良いでしょう。

261651

赤ちゃんの肌は敏感なため、トラブルが起きやすいと言えます。日頃からこまめにケアをしてあげることをおすすめします。保湿のクリームを使う場合は赤ちゃんに影響がないかを確認してから使うようにしましょう。

赤ちゃんのよだれかぶれを防いであげてお肌を守ってあげましょう。

 

※こちらもご覧ください…

(赤ちゃんのアトピー性皮膚炎…どうすればいいの?)

 

(乳歯は虫歯になる…?永久歯への影響は?)

 

(赤ちゃんに目やにが多い…原因は?どうすればいいの?)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
少しでも有益な情報だ!もっといろんな情報を発信してもらいたい!
と思ったらぜひお知り合いにも当サイトを教えて上げてください!

閲覧数や実際にご来院頂く皆さまのお声を参考にブログの更新を行いたいと思います。
産後BodyMakeサロン~honeycomb~
http://honeycomb-beauty.com/
住所:〒359-1111 埼玉県所沢市
緑町2-6-15第二KIビル1F
TEL:0800-800-1677
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇