お気軽にお電話でご連絡ください

0800-800-1677

10:00~20:00

【産後・痩身・産後骨盤】風邪で肩コリの症状が強くなる?その原因とは?|所沢のママへ

2018/02/11
虫めがねとハテナ

子育て育児でお忙しい中、当サイトをご覧になって頂き本当にありがとうございます。

埼玉県所沢市で所沢市内はもちろん、狭山市・入間市・川越市・新座市・清瀬市・東村山市を中心に西武線沿線の様々な地域からご来院頂いている産後の痩身専門院の産後Body Makeサロン honeycombです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

気温差の激しい時期には体調を崩したり、風邪を引いたりしてしまう方も多いことでしょう。

風邪を引いてしまうと発熱や咳などのほかにも、肩コリの症状が強く出てしまう方もいます。ではどうして風邪を引くと肩コリの症状が強くなるのでしょうか。本日は風邪のときの肩コリについてのお話です。

 

※他にもこんな記事が読まれています。

(産後のインフルエンザ・・・

 

(ヘルパンギーナとは…?原因や症状は?どうすればいいの?)

 

まず、風邪を引いていない時の肩コリですが、これの原因は姿勢不良や血流の循環が悪いことなどで起きる軽い筋肉の炎症と考えられます。

一方、風邪を引いたときに肩コリを強く感じるのは、ある物質によるものと考えられています。その物質とは、「サイトカイン」です。

 

090956

 

 

 

 

 

 

 

 

サイトカインとは…?(引用Wikipedia)

 

ーーーーここからーーーー

 

サイトカインとは、免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質で、標的細胞は特定されない情報伝達をするものをいう。多くの種類があるが特に免疫、炎症に関係したものが多い。また細胞の増殖、分化、細胞死、あるいは創傷治癒などに関係するものがある。

ホルモンと似ているが、ホルモンは分泌する臓器があり、比較的低分子のペプチドが多い。しかし、サイトカインとホルモンは、はっきりとした区別があるものではなく、エリスロポエチン (erythropoietin) やレプチン (leptin) など両方に分類されることがある。また、リンパ球に由来するサイトカインを、リンフォカイン (lymphokine) ということが多い。一部は医薬品として用いられている。

 

ーーーーここまでーーーー

766906

 

 

 

 

 

 

 

体内に侵入してきたウイルスや菌などを察知して、このサイトカインの分泌が促進されます。そしてこのサイトカインが体の細胞に様々な影響を与えます。ウイルスによってダメージを受けた細胞を修復させるのも、このサイトカインが影響しています。肩コリの筋肉の炎症もサイトカインによって引き起こされています。風邪のときは風邪のウイルスに対して分泌されたサイトカインが肩の筋肉にも影響するため、余計に炎症を引き起こしてしまい、元々あった肩コリの症状が強くなってしまうのです。

他にも風邪のときに関節が痛くなってしまうのも、このサイトカインが関与していると考えられています。

体調の管理が難しい時期ですが、まずは風邪を引かないように手洗いうがいをし、汗をかいたらこまめに着替えるなど、しっかりと予防をしていきましょう。

538278

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
少しでも有益な情報だ!もっといろんな情報を発信してもらいたい!
と思ったらぜひお知り合いにも当サイトを教えて上げてください!

閲覧数や実際にご来院頂く皆さまのお声を参考にブログの更新を行いたいと思います。
産後BodyMakeサロン~honeycomb~
http://honeycomb-beauty.com/
住所:〒359-1111 埼玉県所沢市
緑町2-6-15第二KIビル1F
TEL:0800-800-1677
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇